東京青森県人会が県政を聴く会

東京青森県人会が県政を聴く会開催

東京青森県人会(佐藤英明会長)は25日夜、東京・新宿区のグランドヒル市ケ谷で本年度の「県政を聴く会」を開いた。会員約40人が集まり、県東京事務所の貝守弘所長の県政報告に耳を傾けた。
貝守所長は、県の本年度当初予算について説明し、新規事業を紹介。「人口減少対策は青森県の最重要課題。長い道のりだが、将来の県や子供たちのために一歩ずつ前進したい。県人会の皆さんには、ふるさと青森のよきパートナーとして、引き続きご協力をお願いします」と呼び掛けた。
今春、東京事務所に赴任した職員7人が自己紹介した後、懇親会が開かれ、和やかに懇談した。

(2017年5月26日付朝刊 東奥日報掲載)

 

東京青森県人会が県政を聴く会開催